【悲報】会社の行き遅れBBA孕ませた-ネタバレ

会社の行き遅れBBA(ババア)孕ませた4話「恥ずかしいからソコは舐めちゃダメっ」

【悲報】会社の行き遅れBBA孕ませた 4話のネタバレ、感想、見どころを紹介しています。

【悲報】会社の行き遅れBBA孕ませた-4話ネタバレ

【悲報】会社の行き遅れBBA孕ませた 4話あらすじ

【悲報】会社の行き遅れBBA孕ませた-ネタバレ3

【悲報】会社の行き遅れBBA孕ませた4話は、

 

「そこは・・・はぁっ…」

「恥ずかしいから舐めたらだめっ・・・」

 

沢村主任をベッドに寝かせ、
指と舌でマ〇コを刺激していた田中。

 

明るい部屋でマ〇コを
執拗に舐めつづけられた秋子は

恥ずかしがりながらも
イカされてしまう!

という内容です!
ヾ(*´∀`*)ノ

【悲報】会社の行き遅れBBA孕ませた4話ネタバレと見どころ

【悲報】会社の行き遅れBBA孕ませた-沢村秋子

「おつかれさま~」

18時になり、
会社から出ていく沢村主任。

 

そして1時間後。

田中も仕事を終え、
会社をあとにするのでした。

 

「早かったね」

「走って来てくれたの?」

 

居酒屋で待ち合わせをしていた主任と田中。

同僚にバレないように、
2人は会社を出る時間をズラしていたのでした。

 

居酒屋を出ると2人が向かうのはラブホテル。

 

シャワーから上がって来た秋子のハダカを見て
田中は勃起してしまうのでした。

 

そのままキスをしてベッドへ行くと、
電気も消さずにマ〇コを舐めていくのです。

 

じゅるじゅる

 

音を出しながらク●ニしていると

気持ち良くてどんどん呼吸が荒くなってくる主任。

 

「そこ恥ずかしいの・・・」

 

観察するように
明るい部屋でマ〇コを広げられてしまって恥ずかしいのです。

 

そのまま舐められ続けていると、

プシャぁぁぁ

潮を吹いてイってしまうのでした。

 

十分、マ〇コを濡らしたあとで、

「今日もナマでいいですよね?」

ナマ挿入しようとする田中。

 

コク…

 

「外で出すので」

という田中を信じて、

セ〇クスしていく!

 

「ダメだ…かわいすぎる…」
喘いでいる主任の顔を見て
顔射したい欲望に
支配されてしまった田中。

いつもはお腹に出してる精●を
思いっきり顔にかけていく!

【悲報】
会社の行き遅れBBA孕ませた

無料立ち読みはこちら
♡画像をタップ♡


【悲報】会社の行き遅れBBA孕ませた4話感想

【悲報】会社の行き遅れBBA孕ませた第4話。

ク●ニされて恥ずかしくなってしまう
34才行き遅れBBAの秋子さん。

若い女の子みたいな反応が
とっても可愛かったです!
ヾ(*´∀`*)ノ

 

4話には見どころがたくさんありました☆

 

今までの【悲報】会社の行き遅れBBA孕ませたでは
ハダカで立ってる沢村主任って描かれたことが無かったと思うんです。

が、今回の4話では1シーンですが
しっかりと描かれています♡

 

大きな乳房。
少し濃い目の乳輪と陥没乳首。

妊娠しやすそうな大きめのお尻に、
くびれたウエスト。

 

そのステキなカラダで
ベッドに寝かせられ、

大きく股を開かれて
しっかりとク●ニされていきます。

 

マ〇コを見られる事に
まだ恥ずかしさを感じてしまう主任。

でも、
気持ち良くて乳首をビンビンに立てながら
小刻みに震えてしまってます♡

そんな時の顔がまた最高にカワイイんですよね~ヾ(*´∀`*)ノ

 

是非、この時の主任の顔を
確認してほしいな~
って思います。

(お掃除フ〇ラしてる時の顔も、超絶エロかったです!)

 

次回の【悲報】会社の行き遅れBBA孕ませた5話ネタバレもお楽しみに!

 

【悲報】
会社の行き遅れBBA孕ませた

無料立ち読みはこちら
♡画像をタップ♡


次回のネタバレはこちら

【悲報】会社の行き遅れBBA孕ませた-沢村秋子

【悲報】会社の行き遅れBBA孕ませた
5話タイトル

行き遅れ女上司は看病に来て
性欲処理もしてくれる

→【悲報】会社の行き遅れBBA孕ませた5話ネタバレ

 

【悲報】会社の行き遅れBBA孕ませた
無料立ち読みはこちら
♡画像をタップ♡


前回のネタバレはこちら

→【悲報】会社の行き遅れBBA孕ませた3話ネタバレ

 

こちらのページでは
「【悲報】会社の行き遅れBBA孕ませた」を全話ネタバレしています。

このページには掲載していないネタバレ情報、他の人の口コミなども紹介中。

 

→【悲報】会社の行き遅れBBA孕ませたネタバレまとめ

お時間があれば是非、遊びに寄ってみて下さい。

 

最後まで【悲報】会社の行き遅れBBA孕ませた4話ネタバレにお付き合い頂きまして、ありがとうございました。